FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
11月の少女。




11月、夜の丘でベンチに座って涙した。






誰もいない夜でした。

いや、誰もいない場所と日を選んだ夜でした。

女の子は丘の上で一人掛けのベンチに座って上を向いていました。

夜風が優しく頬を撫でます。

月が静かに姿を照らします。

柔らかい頬に、冷たい何かが流れます。

ずっと我慢していたのに。

そのために上を向いていたのに。

ひとつ流れると、もうだめでした。

ひとつ、

またひとつ、

次から次へと溢れてきて止まりません。

見える涙も

見えない気持ちも

どうにもこうにも止められないのです。

見える涙も

見えない気持ちも

確かに少女のものであるはずなのに

何一つ止められないのです。

「大切なものほど、自分で動かせないんだわ」

ぽつり、少女が呟きます。

ぽたり、

またぽたり、

ブラウスが濡れてゆきます。

風がそれを聴いていました。

月がそれを見ていました。

「そろそろ行くよ」

風がぐるりと少女を一周します。

「そろそろ行くよ」

月がゆらりと傾きます。

「みんなこうして、離れてゆくんだわ」

ぽつり、少女が呟きます。

ぽたり、

またぽたり、

スカートが濡れてゆきます。

「横を向いてごらん」

月が言って去って行きました。

見えない風と

見える月の後姿を

しばらく探してしまってから

少女は横を向きました。

「おはよう、お嬢さん」

少女を橙色に染めたのは

大きな

大きな

太陽です。

目を閉じて

顔だけ太陽に向けました。

頬が乾くのを感じました。

ブラウスが乾くのを感じました。

スカートが乾くのを感じました。

「そういえば」

少女はミルクココアがあることを思い出しました。

コップから湯気が出ます。

ひとくち飲むと

なんだか、ほっとします。

「おはよう、太陽さん」

少女は

もう少しで

ぽかぽか



なることでしょう。。。









【2010/11/21 23:59】 | 12ヶ月 | コメント(5) | page top↑
<<好きは矛盾。 | ホーム | あとでたべよう。>>
コメント
あとがき。
湯船に浸かっていたときに
ポコンと浮かんだ風景。

群青に星が群れている
人が二人ぐらい並べる範囲の小さな丘
ほぼ垂直のね

ゲームっぽいね

・・・あれ?
【2010/11/22 22:30】 URL | チエノワ #z0Dn2JLk[ 編集] | page top↑
ぽかぽかになりたい。
「大切なものほど、自分で動かせないんだわ」

この台詞、ぐっときました><。

ほんと、なんで自分のものなのに
ひとつも思うようにならないのか。。。

私もぽかぽかになりたいなぁ~
【2010/11/23 19:21】 URL | りんねえ☆ #-[ 編集] | page top↑
>ぽかさん
> 「大切なものほど、自分で動かせないんだわ」

常日頃、思っていること。

どうして動かせないのかな
動かすと
大切じゃなくなるからなのかな
【2010/11/24 21:13】 URL | チエノワ #z0Dn2JLk[ 編集] | page top↑
なるほど
そっか~大切だから動かせないのか~

むむむ。

そだよね~簡単にどかせるなら
そんなに大切じゃないってことよね

簡単に捨てられるなら
苦労しないもんね・笑
【2010/11/25 20:32】 URL | ぽか #-[ 編集] | page top↑
>ぽかさん ←この響きが好きです
ご挨拶遅れまして。(違


動かせないほど大切なものを抱えてるって
幸せかもしれない。

てことには
大体その時思わないもんだもんな。

未だに思えないこともあり、だもんな。。。
【2010/12/23 17:03】 URL | チエノワ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。