FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1月の上り坂。



上を向いたら、君がいた。







「まじかよ・・・」
バイトに出掛けようと外に出たら、一面の銀世界。
今年は雪、降り過ぎじゃないだろうか。
雪は嫌いじゃないけれど、移動手段が徒歩の俺。
早めに外の天気に気付かないと、生じる時間ロスをうめるのに必死にならなければならない。
雪の中を急いで歩くのって結構体力使うんだよな。

さくさく新雪を踏みながら歩いていると、視界に白いもの。
「・・・。」
見上げれば大量の牡丹雪。
「牡丹は溶けやすいんだよなぁ」
傘なんてもちろん持ってきてないから、フードを被って頭をガード。
ビショビショ頭でバイト先に登場なんて寒すぎる。



「とっ、とっ、とうっ!」
謎の掛け声が聞こえてきたのは、俺が結構急な坂を上ってるとき。
地面に向けてた視線を上にあげれば、赤いマフラーを揺らしながら滑ってる誰か。
雪の上を、靴でズサーッと。
「とっ、とっ、とぅっ!」
さっきから何回も聞こえるこの掛け声と一緒に。
ホップ・ステップ・ジャンプ!の要領で「飛んで・飛んで・滑る!」て感じか。
積もった雪の上を、助走つけてから滑って楽しんでる。
あれ、女の子か。
高校生にもなれば、男はともかくだいたいの女子って冷めてるよな。
同世代の女子であんなに雪にじゃれてる奴なんて初めて見た。
すっごい楽しそうに笑って、地面に話しかけて…あぁ、犬の散歩してんだ。
「とっ、とっ、とわきゃっ」
あぶね、こけそうになった。
「セーフ、セーフ」
滑るのは中断したけど笑顔は変わらず、犬に向かってまた話しかけてる。
他の人がいるなんて考えてないんだろうな。
ここら辺いつも人通り少ないし。
この場合、先に挨拶してあげた方が親切なのかどうなのか。
知らないふりするにしても、もうすぐすれ違うし無理があるか。
前とか全然見てない。
あ、顔こっち向いた。

「・・・・・・」
「・・・ぷっ。あ、わり」
やっぱり人の気配に気付いてなかった女の子。
あまりにもビタッと固まるから、つい笑ってしまった。
「雪、凄いッスね~」
すれ違いざまに挨拶。
寒い中滑ってたせいか、顔が真っ赤。
コクコク頷く黒い頭から、白い雪が零れる。
帽子も被ってなきゃ、フードもない。
あれ、家帰ったら即効で乾かさないと風邪ひくかもな。







上を向く

牡丹雪はまだ降り続く




【2011/02/13 21:17】 | 12ヶ月 | コメント(1) | page top↑
<<2月の下り坂。 | ホーム | いちがつ、にがつ。>>
コメント
あとがき。
固まったことが面白くて笑う、ではなく
可愛くて笑った。
風邪ひくな、ではなく
風邪ひかないか心配。

が真実。
本人無自覚。
【2011/02/13 21:39】 URL | チエノワ #z0Dn2JLk[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。